Wレバー導入

お盆休み、ギアを綺麗にしていたら、逆にギア滑りするハメに・・・。
そこでチェーンを変え→NG→クランクセット変え→一部NG→スプロケ変え→何とかOKってな
経緯を辿り、まともに走るようにしてました。

で、更にやっておきたいことがあって、それはWレバーって言う、
昔のギア変更方式の採用です。
今のギアシフトは大体、手元でカチッて感じでおこなえる様になってますが、
昔はダウンチューブに付いていて、しかもカチカチとした段階の無いものでした。
カチカチするのがインデックスって言うのに対し、
段階の無いヤツはフリクションって呼ばれています。
※なお、手元で出来るシフターでもフリクションのものはあったりもしますし、
 ダウンチューブのものでもインデックスはあります

自分のチャリはSOMA BUENA VISTAって言う、ミキストって部類のフレームなのですが、
おしゃれなフレームだからか、Wレバーが付くマウントが最初からあるフレームでした。
せっかくなのでWレバーを付けてみようってコトで今回の交換に至りました。

今まではと言うと、アウター受けってのを付けることで普通のシフターを使ってましたが、
交換してこんな感じになりました。
※右上の方に勤務先がこっそり写ってるのはナイショです(笑)
DSC_0903

なお今回はフロントのみの交換です。
Wレバーに交換した理由として、
・フロントはあまり変えないので即変えられないWレバーでも問題ない
・フロントディレイラーとチェーンの接触が微調整出来る
ってコトでした。
正直後者はアウターローやインナートップ気味の、チェーンライン的には
あまりオススメ出来ないといった状況は捨て置いてでも、
その時にチェーンこすりだけでも解消しやすくしておきたいナァってな
コトも含まれていたりします。
もっともいざって時のコトってダケで、基本センター(ミドル)でしか
走らないとは思いますがね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>